ネット副業を行なう際に心がけておいて欲しいこと

誰でも簡単に始めることが出来るネット副業のほとんどが雇用関係にあるわけではありませんので、気軽に取り組むことができると思われているのですが、ネット副業を行なうにあたり、心がけておいて欲しいことがあります。それはネット副業で得た収入も確定申告を行ない、税金を支払わなくてはならない可能性があるということです。 企業に雇用をされていると税金や確定申告などを意識することはあまりないかもしれませんが、ネット副業の場合には自分で行なわなくてはいけません。確定申告は毎年2月の中旬から3月の中旬に前年の1月から12月までの収入を申告する必要性があります。しかし、ネット副業の収入が年間20万円を越えた場合に確定申告を行なう必要があるのですが、ここで注意をして欲しいのは20万円というのは仕事に必要となった出費を差し引いた収入となっています。ネット副業の場合には通信費や電気代なども経費として申告することができます。もしもネット副業を行なうために専門書などを購入した際にはそちらも経費になります。 そのため、ネット副業を始めた際にはしっかりと収支の記録をつけておくことが必要になります。仕事を行なって指定の振込先に報酬を振り込んでもらった時点で収入になります。そのため、もしも12月に仕事をした報酬を翌年の1月に振り込んでもらった場合にはその収入は翌年の確定申告の際に収入を申告する必要性があります。 確定申告には一般的に青色と白色と呼ばれているものがあり、青色の場合には事前に事業所の申告を行なわなくてはいけませんので、ネット副業の場合には多くの人が白色申請を行ないます。ネットでも簡単に申告を行なうことが出来るので、本業でも忙しくしている方も安心です。申告の際には収支を報告する用紙に記入をして提出するだけで良く、領収書の提出なども必要がありませんが、税務署から提出の要請があった場合には領収書の提出も行なわなくてはいけませんので、申告時に提出しなくてもいいのですが、保管はしっかりと行なっておかないと、申告漏れとみなされてしまう可能性がありますので、しっかりと報告を行うことが必要になっていきます。 少額しか稼ぐことができないと思っていても、年間にすると20万円以上収入があるということも多いですので、ネット副業を始めた際にはしっかりと収支の記録をつけておき、思わぬ脱税の疑惑をかけられないように注意をすることが必要です。

投稿日: